読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねざめ堂

アニメ・映画・音楽

『クズの本懐』感想:代替可能な恋愛関係

クズの本懐 アニメ

f:id:tentofour:20170223065926j:plain

 現在ノイタミナ枠で放映中のアニメ『クズの本懐』(公式サイト)。

 昼ドラばりの扇情的なエロ展開を連発しているようでいて、根っこの部分では青春ものの王道テーマをきっちりとふまえた良作で、毎週楽しく観ております。花火ちゃん愚かわいい。

 この記事は、原作マンガ・実写ドラマ版は未見状態での、アニメ第1話~第6話までの感想です。1万字近くあるので、お時間のあるときにのんびりと読んでいただけると嬉しいです。

 ネタバレを含みますのでご注意ください。

 

◯代替可能な恋愛関係

 『クズの本懐』は、普通は「かけがえのない=代替不可能」なものである、とされている恋愛関係を「かけがえのある=代替可能」なものとして扱う…という点がフックになっている作品ですよね。

 この「恋愛関係の代替可能性」は、第1話冒頭から、ヒロイン・花火のモノローグによって明示されます。

f:id:tentofour:20170223083953j:plainf:id:tentofour:20170223083947j:plain

「私たちは付き合っている。でも、お互いがお互いの、かけがえのある、恋人」

 花火も、そしてパートナーの麦もそれぞれに「本命」の相手が別にいて、でもその相手には手が届かないので、寂しさを埋めあわせるための「代わり」としてお互いを利用している。そういう契約関係としての「恋人(仮)」。

 なので、キスやペッティングをしているときも、お互いの頭のなかに思い浮かべるのは「本命」の姿。あくまで「本命」がいるうえでの(仮)の恋人なので、花火にとっては相手は麦じゃなくてもいい、麦にとっても相手が花火である必然性はない…ということで、花火は自分に想いを寄せる早苗と、麦は中学時代のセフレとそれぞれ寝たりもする。

f:id:tentofour:20170223084100j:plainf:id:tentofour:20170223084106j:plain

 かけがえのない「本命」がいて、それ以外の人間は本命の「代わり」でしかない。ゆえに「代わり」の人間たちはすべて等価で、代替が可能…という関係性。

 花火にとって本命の「お兄ちゃん(鐘井先生)」がどれだけ「かけがえのない」存在であるかは、第1話で告白してきた相手を花火が振ったときのセリフにも表れていました。

f:id:tentofour:20170224200733j:plainf:id:tentofour:20170223084423j:plain

「興味のない人から向けられる好意ほど、気持ちの悪いものってないでしょう?」

  お兄ちゃん以外からの好意なんてキモいだけだからいらん、と。

 このセリフは、幼いころから鐘井に好意を向け続ける自分にもブーメランとして帰ってきてしまうんですがそれはともかく、ここに表れているのは花火の純粋さ・潔癖さです。

 「本命」への気持ちが一途すぎるがゆえに、その感情を持て余してこじらせた結果として「代替可能な恋愛関係」という泥沼に足を踏みいれてしまった花火。このアニメのキャッチコピーは「私たちはまっすぐに、歪んでいく。」ですけど、まさにそういう感じです*1

*1:花火に恋愛相談を持ちかけてきたクラスメイトたちが、スペックを基準に二股中の彼氏を「どっちがいいかな~」と悪意なくナチュラルに比較するシーンがありましたが(その彼氏のほうも彼女に同じようなことをしている)、「普通」っぽいこの子たちに比べたら「クズ」の自覚をもって歪んでいく花火たちはほんとまっすぐに見えます。

続きを読む

宣伝:『ワールド・ウォー・Z』『ゆゆ式』感想記事

※この宣伝記事は今月中に消滅します。

 

もう当日(2月11日)になっちゃいましたけど、世界ゾンビ大戦映画『ワールド・ウォー・Z』がテレビ放映されるそうです。

映画「ワールド・ウォーZ」 - フジテレビ

これに便乗して、原作小説の感想記事を宣伝。映画版にもちょっとだけ触れてます。

『ワールド・ウォー・Z』(小説版)~中心のない悪夢 

この中にも書いたけど、原作は「物語の中心=主人公がいない」という構造がそのまま作品のテーマに直結している...という仕掛けをもった小説です。

それに対して映画版は、ブラッド・ピットという「主人公=中心」をばっちりと設定しているので、大元のコンセプトからして別物だったなー、という印象。もちろん映画と小説はまったく違うメディアなので「別物だから悪い」ということはないんですけど、これだったら『ワールド・ウォー・Z』が原作である必要もなかったような...という感じはありました。

でも、イスラエルが築いた「壁」をゾンビたちが乗り越えてくる有名なシーン(なんてタイムリーなんだ)とかの圧倒的な映像を見せつけられると「ハリウッド先輩が本気を出してきたら絶対に敵わない」という気分にさせられます。やっぱアメリカってスゲーよ...。

あくまで原作のコンセプトに沿って映像化するとしたら、世界各地で撮影されたスマホやホームビデオ、監視カメラの映像集みたいなものになるのかな?それらの断片的な映像を、後年制作された「世界ゾンビ大戦を振り返る」みたいな1本のフェイクドキュメンタリーとしてまとめてみせる...とか。うーん、ヒットしないだろうな(笑)

 

                    ◯

 

あの『ゆゆ式』のOVAが2月22日に発売。「あの」ゆゆ式ですよ...!

TVアニメ「ゆゆ式」公式サイト

誰が呼んだか「日常系の極北」「最終到達点」。「日常系」というジャンルの特性を極限までプッシュした、ロックの名盤で例えればマイ・ブラッディ・ヴァレンタイン『ラヴレス』のような孤高の存在、それが『ゆゆ式』...(※個人の感想です)。発売にあわせて、ニコ生で一挙放送もあるそうです。

【OVA発売記念】「ゆゆ式」全12話 一挙放送 - 2017/02/20 19:00開始 - ニコニコ生放送

便乗して、当ブログの感想記事も宣伝。

友情/独立/分人 ~『ゆゆ式』感想 その① 

「分人」の視点からみる『ゆゆ式』 ~『ゆゆ式』感想 その② 

基本地味〜に営業しているこのブログのなかでは、ありがたいことにかなり読んでいただけた記事です。

「日常系」というジャンルについては、こんな記事も書いております。こちらもあわせてよろしくお願いします。

洋楽好きに「日常系アニメ」の魅力を布教してみた。

日常系アニメこそ作画が命、という話 

線的な物語/面的な物語 

『Dolls ドールズ』感想 ~人が向きあうことの困難さ

北野武 映画

f:id:tentofour:20170130214359j:plain

 北野武監督『Dolls ドールズ』(2002年)の感想です。

 じつはこれ、長年「北野監督のなかではイマイチだな〜」という印象をもっていた映画だったんですが、先日の深夜テレビでやっていたので久々に観てみたら、思いのほか良くてびっくり。よくいわれることではあるけれど、作品の受けとり方って本当にトシとともに変わるものですね。

 本文中はネタバレありです。

 

◯相手のことが見えないカップルたち

 映画の冒頭に映し出される人形浄瑠璃の舞台。人形遣いに操られる人形と、それを見つめる人間の観客たち。

 しかし、いつしか人形遣いの姿が消えて、人形はひとりでに動きだします。やがて「見る・見られる」の関係が転倒し、人形たちの視線のもとで、人間たちによる物語が繰り広げられていく…という導入部。
                   ◯

 その導入部に続いて、本編には3組のカップルが登場し、3つの物語が語られていきます。

①「つながり乞食」の物語
②老ヤクザと昔の恋人の物語
③アイドルと追っかけの物語

 このうち、①が映画の最初から最後までを貫く縦糸になっており、②と③がそれと平行して語られるという構成なのですが、この3つの物語は共通したシチュエーションを描いています。それは、

求める相手がすぐ隣にいるのに、その人のことが見えない(認識できない)

 というシチュエーションです。

続きを読む