ねざめ堂

アニメ・映画・音楽

雑記:マーティン・スコセッシの記事を書きました。

※この雑記は次回更新時に削除します

 

新作『The Irishman』の告知があがってきたマーティン・スコセッシ。音声のみで、映像はまだなんも出てないですが。

 


The Irishman | Announcement [HD]

 

マーティン・スコセッシ新作映画『ジ・アイリッシュマン』2019年10月にもNetflix配信か ─ ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノら若返って登場 | THE RIVER

 
ネットフリックスでの配信とか(先行で劇場公開予定あり)、制作費1.4億ドルとか、超(高齢)豪華キャスト陣の若返りCGなど話題豊富な作品ですが、脚本がスティーヴン・ザイリアンというところにちょっとしたスリルを感じます(けっこう当たり外れが激しい人なので)。スコセッシと組むのは『ギャング・オブ・ニューヨーク』以来でしょうか。

前作『沈黙 -サイレンス-』が大赤字だったのにプラスして、今作の製作費が嵩みすぎてパラマウントが企画を投げだしたところをネットフリックスが引きとった…といういわくつきの映画で、スコセッシにはここで挽回してもらいたいところ。私にいわせると『ディパーテッド』以降のスコセッシは傑作しか撮っていないんですが、しかし興行面での浮き沈みがダイナミックな人だなー。

この新作にむけての予習というわけではないですが、記事を一本書きました。「スコセッシはひとつの原型的な物語をさまざまに変奏しながら語っている作家だ」という前提から、この監督のキャリアを超大雑把に振り返ってみるという企画です。 

 

マーティン・スコセッシ:ビジョンの拡大と収縮


映画は最終的には「映像」なんだからストーリーだけを取り出して云々したってしゃあないだろう…というのも当然ありますが、ひとつの切り口として読んでいただければ。似たような路線でダーレン・アロノフスキーヴィンチェンゾ・ナタリについての記事も書いたことがあるので、こちらもあわせてよろしくお願いします!

 

ダーレン・アロノフスキー:「自分」という地獄

『マザー!』感想:「アロノフスキー的物語」の発展型

『スプライス』感想:抑圧と反発の連鎖