ねざめ堂

アニメ・映画・音楽

『プリンセス・プリンシパル』全話無料配信 / 北野武関連記事宣伝

※この宣伝記事は10月中に削除します

 

先日最終回が放映された夏アニメ『プリンセス・プリンシパル』(公式サイト ←音が出るので注意)。世界観がガッチリと作り込まれていて、ストーリーの密度がギュっと高くて、ハードボイルドで、でもかわいくて、すごーく面白かったです。

「壁によって東西に分断された19世紀末ロンドン」「スパイ」「スチームパンク」「女子高生」と、設定だけきくと「そんなに盛って大丈夫か?」と不安になるけど、実際観てみるといろんな要素がちゃんと馴染んで違和感を感じさせないのが「絵」を使ったアニメの強みですね(実写でこんなことやったら、いろんな記号がバッティングしあって悲惨なことになると思われ)。

10月10日(火)までの期間限定で全12話の無料配信をやってるそうなので、気になっていた方はこの機会に!「基本的には」1話完結なので、まずは最初の数話をお試しに観てみるのもあり。私の場合は1話・2話の緻密な作りにハートをぎゅっと掴まれました。

 

プリンセス・プリンシパル - ニコニコチャンネル:アニメ

 
シリーズ構成を担当した大河内一楼が12話中10話分の脚本を書いてるだけど、話によってサスペンスあり、豪快なアクションあり、コミカルな描写あり、ビターな後味あり…とバラエティに富んだ魅力があって、プロの引き出しの多さ凄いなーとあらためて思いました。

もちろん脚本家だけでアニメのストーリーを隅々まで全部作っているわけではなくて、そのあたりについて触れている橘正紀監督の分も一緒に、インタビューのリンクはっておきます↓

 

予測不能の<嘘つきエンターテインメント>、Blu-ray&DVD第1巻発売!『プリンセス・プリンシパル』大河内一楼インタビュー | V-STORAGE

「プリンセス・プリンシパル」橘正紀監督インタビュー - アキバ総研


ほんとはアンプリの尊さとかドロベアのいじらしさとかプリちせのエロさについて延々語りたい誘惑にかられてるんだけど、キリがなくなりそうなので自重。

 

                   ◯


その『プリプリ』とバンダイビジュアルつながり…というのは強引すぎるけど、北野武監督の最新作『アウトレイジ 最終章』がもうすぐ公開。こちらは実写ならではの面白さ(音が出るので注意↓)

 

『アウトレイジ 最終章』10/7(sat)ROADSHOW

 

これに便乗して、当ブログの北野武関連記事を宣伝。『アウトレイジとビヨンドの面白味の違い』という記事は、最終章の予習にもなるんじゃないかなー、という内容なのでよろしくお願いします!

 

『アウトレイジ』と『アウトレイジ・ビヨンド』の面白味の違い

『Dolls ドールズ』感想:人が向きあうことの困難さ

北野映画、「遊び」の意味の変遷 ~『ソナチネ』『菊次郎の夏』感想

『菊次郎の夏』感想 ~「あの世」からの生還

 

上の記事では「アウトレイジのヤクザたちは、たとえ怒鳴り合っていてもそれはあくまで ”役割” を演じているだけであって、本気で怒っている奴はあまりいない」みたいなことを書いていて、その醒めた感触が『仁義なき闘い』なんかとは明確に違うこのシリーズ独自の魅力になっていたと思うのですが。

『最終章』の予告を見る限りでは、今回は過去作よりも「エモさ」が前面に出てきているような印象も受けます。あの大友が怒って発砲するシーンがあったりして。これが吉と出るか凶と出るか。

この映画の公開に合わせて、北野武監督の過去作もすべてブルーレイで発売されたそうですよ(北野武 Blu-ray & DVD Collection)。というかまだBD化してなかったんかい。海外では数年前に初期作をまとめたブルーレイボックス出てたような気がするんだけど。

やっぱり初期の北野映画の魅力は別格で、ストーリーの構造とか流れよりも「画」が優先される、説明を排除した研ぎ澄まされた作風を懐かしく思う気持ちが私もあるんですけど、当の監督はさっさと違う領域に進んで行っちゃってるんですよね。*1

 

映画監督としてアートというか、自分の根源的な部分だけで撮りたい気持ちはあるんだけど、果たしてそれがちゃんと伝わったり、公開してくれるところがあるんだろうか?という気持ちもあって。ただでさえDVDやBlu-rayの時代になって、映画館からフィルムはなくなってるし、デカいスクリーンで観る人も少なくなった。それどころか今はネット配信で、スマートフォンで見るような映画がジャンジャン出てる

そんなときに「映像美が」とか「カメラワークが」だなんて、一人で骨董屋やってる場合じゃないっていうね(笑)。だったらとにかく楽しめる、作品そのものがエンターテイメントっていうものを作ってやろうと思った。時代がそう変わっているわけだから。

北野武インタビュー「老人を大切にしようなんて、大きなお世話」 : CINRA.NET

 
凡百の監督がこんなこと言っても「うるせえよバカヤロー!」で終わりなんだけど、あの『3-4x10月』や『ソナチネ』を撮った北野武に言われるとちょっとうろたえちゃいますね。この発言をどう受けとるかは人それぞれですが、タレント・ビートたけしとしての強かに現状肯定的な部分(広い意味での保守性)が表れている感じがして面白いです。