読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねざめ堂

アニメ・映画・音楽

「ファミリー」映画としての『オーシャンズ12』

f:id:tentofour:20160120200803j:plain

 景気の悪いことが多くて、パーっと豪華な娯楽映画が見たい気分になったので、ひさびさに『オーシャンズ12』を鑑賞。

 これを3週間で撮影してしまうソダーバーグ!クルーニーとブラピが並んだときの無敵のゴージャス感!なんか色々と別次元です。ハリウッドすげー。

 記事の流れは、

①「メタ犯罪映画」としての『オーシャンズ12
②『オーシャンズ11』へのツッコミとしての『オーシャンズ12
③「ファミリー」映画としての『オーシャンズ12

 となっています(ネタバレ注意)。

 

①「メタ犯罪映画」としての『オーシャンズ12

 シリーズ第1作『オーシャンズ11』(2001年)が「ベタ」な犯罪映画だったのに対して、続編の『オーシャンズ12』(2004年)は「メタ」な犯罪映画になっています。

 今回、ジョージ・クルーニー演じるダニー・オーシャン一味は、ヨーロッパで活躍する怪盗「ナイト・フォックス」に「どっちが世界一の泥棒か勝負しようぜ」とゲームを持ちかけられます。ダニーたちはそのゲームに乗り、ナイト・フォックスとの勝負に挑む「フリ」をしながら、その裏で別ルートから盗みの標的を手に入れてしまう。

 ナイト・フォックスが仕掛けてきた「盗みの腕前の勝負」というベタなゲームにたいして、ダニーたちは「お前が "親" のそのゲームには乗らないよ」というメタなゲームをしていたわけです。

 『11』のなかで、ダニーはゲームの「親」と「子」の関係に関して、こんなセリフを言っています。

「勝つのは親だ。結局はカジノが巻き上げる。勝つには良い手がきた時に一発勝負に出るしかない。」

 「子=プレーヤー」は基本的に、ゲームの「親」に勝つ事はできない、という認識。『アウトレイジ ビヨンド』のヤクザたちは小日向文世に振り回されるし、『魔法少女まどか☆マギカ』の魔法少女たちはキュウべぇに勝てない。

 『11』はそんな不利な状況下での「一発勝負」を描きましたが、『12』のダニーたちは、ナイト・フォックスが「親」としてルールを設定して仕掛けてきたゲームの、さらに一つ上の階層のゲームをプレイしている。『11』よりもゲームの構造が重層的になっているんですね。

 映画のなかで、カメラはダニーたちの言動を映し出しながらも、彼らの真意(プレイしているゲームの種類)は観客に伏せられています。だから、表面で展開される「ベタ」なゲームの行方を見守る観客は「おい、このままじゃナイト・フォックスにボロ負けじゃないか」とハラハラすることになり、それが最後にひっくり返されるのがカタルシスにつながる、という仕掛け。

 

                    ◯

 

 じつはダニーたちがプレイしているのはメタなゲームだ、という伏線(というかほのめかし)は作中に散りばめられていて、『12』には作品の「外側(=メタ)」を意識させるギャグが頻出します。

 たとえば冒頭の音楽スタジオのシーン。「ラップに規制の “ピー音” が入りすぎて、内容がわかんねえよ!」という口喧嘩にさらに ”ピー音” が被さるというギャグで、これは「この口喧嘩もまた ”オーシャンズ12” という映画のなかで行われていますよ」という、作品の「外側」を意識させる小ネタ。

 大ネタはもちろん「ジュリア・ロバーツのニセ者」をジュリア・ロバーツ本人が演じる美術館のシーン。『11』でもTV俳優が本人役で登場するというシーンがあったけど、こちらはメインキャストをネタの素材にし、超大物ブルース・ウィリスを「本人役」として招聘することで、さらに「いまあなたが観ているのは ”オーシャンズ12” というフィクションですよ」という作品の虚構性が強調されることになります。

 正直いって最初は、こういう「楽屋オチ」の多用は脚本の行き詰まりの表れみたいな感じがして、あんまり良い印象を受けませんでした(「メタ」や「パロディ」はやり方を間違えるとくどい)。

 でも最後まで観ると、このメタなギャグの構造(「映画」の外側への視点)が、ダニーたちの真の計画(ナイトフォックスが仕掛けてきた「ゲーム」の外側への視点)とシンクロしていたことがわかる、という仕掛けになっているんですね。

 

②『オーシャンズ11』へのツッコミとしての『オーシャンズ12

 ナイト・フォックスのもちかける「ベタ」な盗みの腕比べゲームを、「メタ」な作戦でかわすダニー。これは、男達によるベタな盗みのゲームが繰り広げられた前作『11』へのツッコミにもなっています。

 ナイト・フォックスは、ダニーたちを自らのゲームに巻き込むために、彼らに多大な迷惑をかけるわけだけど、これは見方をかえると『11』のダニーの立場と重なります。

 ダニーは、かつての妻=テスを取り戻すために、テスの現在の彼氏であるベネディクト(アンディ・ガルシア)を、自らのゲームに巻き込んでいました(ベネディクトは作中で「敵役」とはいえ、ゲームを一方的に仕掛けたのはダニーの方です)。

 そして『11』でのテスは、まるでダニーとベネディクトとのあいだで繰り広げられる「男たちのゲーム」の「景品」みたいな扱いを受けています。

 それに対して、『12』でのダニーは、ナイト・フォックスのベタな挑戦を「それ、もう前作でやったから」とばかりにかわしてしまいます。いってみれば、『12』のダニーはちょっとオトナになっている。

 そして女性陣(テスに加えて、新たに参入したイザベル)はゲームの「景品」ではなくて、「プレーヤー」としての活躍をみせます。

 男達のゲームで女が「景品扱い」されていた『11』にたいして、『12』の女達は(「巻き込まれ感」はあるにせよ)プレーヤーとしてゲームに参加しているんですね。

 

③「ファミリー」映画としての『オーシャンズ12

 ナイト・フォックスの仕掛けたゲームに「乗らない」というメタなゲームをダニー達がプレイするこの映画には、さらに外側の階層の存在が登場します。ライナス(マット・デイモン)の「母親」と、イザベル(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の「父親」。二人はともに、ゲームの「外側」からダニーたちを手助けする役目を果たします。

 とくにイザベルの父親(伝説的な大泥棒、ルマーク)は、裏ルートでダニーたちにゲームの景品を引き渡すという重要な役割を担っており、彼がいなければ、ダニーがナイト・フォックスの仕掛けたゲームのメタ・ポジションに立つことは不可能でした。

 犯罪者の一味を「ファミリー」と呼ぶことがあるけれど、『12』では、登場する犯罪者たちが一つの「家族」のように描かれています。イザベルの父親と、ライナスの母親が「両親」で、ダニーやナイト・フォックスは彼らの「子供たち」。

 『12』の一件は、兄(ダニー)に弟(ナイト・フォックス)が仕掛けた、いわば「兄弟ゲンカ」でした。優秀な兄に嫉妬した弟が「俺のほうが兄ちゃんよりスゲーぞ!」と仕掛けたケンカを、兄は親に言いつけてしまったわけです。

 製作当初、ピーター・フォンダがライナスの父親役として出演したシーンが撮影されたものの、編集段階でカットされたという逸話がありますが、これも、父親ポジションの人物が二人登場することで「家族」のイメージにブレが生じるのを懸念したのではないかなー?と。

 

                    ◯

 

 映画のスタート時点では、ダニー一味の多くは、「家族」や「恋人」との関係に何らかのトラブルを抱えています。ダニーとテスは「家の改装」(=いったんは離婚という形で破綻した家族関係の再構築)に精を出しながらも、犯罪のスリルに未練のあるダニーのことを、テスはいまいち信頼できない。

 同様に、ソールも妻に信頼されておらず、軽業師のイエンはガールフレンドと破局。モロイ兄弟は「結婚式」をベネディクトに台無しにされる。

 そしてイザベルとの関係が破綻したラスティ(ブラッド・ピット)は、ホテル業の運営に行き詰まっています。ホテルは「家」と対照的な「仮の宿」ですね。結婚して「家」を改装するダニーと、ガールフレンドと破局して、ホテル業に手を出すラスティは正反対のベクトルに向かっているんだけど、どちらも上手くいっていない。

 そんなダニー一味が「ナイトフォックス事件」を通して結束を強め、ラストではひとつの「家族」のように、カジノに集まりギャンブルを楽しむ。これが「ファミリー映画」としての『オーシャンズ12』のストーリーでした。

 

◯むすび

 男達が女を「ゲームの景品」のように奪いあう『11』から、「ゲームには乗らないよ」と「親」に言いつけてしまう『12』ヘ。

 そして『13』(2007年)では、冒頭のダニーの「Not Their Fight」というセリフに象徴される通り、「女」も「親」も排除した「男の子たちのゲーム」が、シリーズ中最も無邪気に展開されます。

 (『13』でコミカルな味を出していたエレン・バーキンは、ジュリア・ロバーツキャサリン・ゼタ=ジョーンズとは違って、ゲームのシリアスな「景品」でも「プレーヤー」でもありません。)

 シリーズを精神年齢順に並べてみると、『12』>『11』>『13』という感じ?それぞれに持ち味があって、楽しいシリーズでした。ソダーバーグ、また映画に戻ってこないかなー。

 クリフ・マルティネスと並ぶソダーバーグ映画の常連、デヴィッド・ホルムズの音楽もかっこ良かったです。

  


David Holmes - '7/29/04 The Day Of' (from 'Ocean's Twelve' soundtrack)

 

BBC Radio1の名物番組「Essential Mix」より。※写真のおじさんはホルムズさんではありません。

soundcloud.com